お客様とのつながりを意識し、自分を一歩ずつ高めていく。お客様とのつながりを意識し、自分を一歩ずつ高めていく。

静岡銀行 事務サポート部

事務企画グループ担当

MIHOKO SANO

佐野 実穂子国語科卒:平成22年度入社

毎日ひとつでも「できること」を増やす。

社内公募制度を利用して、静岡銀行事務サポート部に出向しています。諸届に関する「事務取扱要項」という規定の改定を行ったり、事務取扱に関する営業店からの電話照会に対応したりするのが、現在の仕事です。仕事を行う上では、的確な判断力とともに現行の規定や法令に関する知識が求められます。また、私のモットーは、「自分に分かることやできることを、毎日ひとつでも増やすこと」です。目の前の仕事を終わらせるだけではなく、一歩ずつ前進する意識を持ちたいと思っています。今日はどんなことを覚えたか、何ができるようになったかを振り返ることを習慣にしています。

「○○のことなら佐野さん」と言われるために。

私が所属する事務サポート部には、営業店から多くの電話照会があります。銀行の業務内容はとても幅広く、簡単に答えられないことも多くあります。そのような難しい照会に一人で対応できた時が、自分の成長を実感する場面です。お客様と直接関わることはありませんが、だからこそお客様とのつながりを強く意識し、日ごろから知識の習得に励む必要があると思っています。「○○のことなら佐野さんが詳しいよ」と周囲から言われるような専門分野を作ることが、今後の目標です。周囲に頼られる存在になるよう地道な努力を続け、後輩社員へのサポートにも力を入れていきたいと思います。

新規業務の受け入れに携わった経験。

これまで経験した仕事の中で特に印象に残っているのが、オペレーションサービスセンターに在籍している時に新規業務の受け入れに携わったことです。新規の業務を導入する際は、一人の担当者として事務処理の流れを習得するだけではなく、利用するシステムの全体像を理解する必要があります。業務の推進役として手引書を用意し、受け入れの進め方を自分で考えました。その途中には多くの苦労がありましたが、無事に終わらせることができた時は大きな喜びがありました。

自分のアイデアを提案できる環境が魅力。

一般的に「事務は裏方」というイメージがありますが、静銀ビジネスクリエイトにおいては事務が「主役」です。そう言い切れる専門性の高さと社風に魅力があり、学生時代から地道にコツコツと物事に取り組むのが好きだったので、そうした自分の長所を活かせると感じ当社に入社したいと思いました。
さらに、自分の考えやアイデアを提案しそれを実現できることも、当社の魅力です。「もっとこうしたら良いのではないか?」という意見があれば、年齢や役職に関わらず提案することができます。

私のオフの過ごし方

最近運動不足になりがちなので、時間を見つけてはジムに通っています。思い切り身体を動かすことで頭がスッキリし、前向きな気持ちになります。また、長期休暇を利用して友人と旅行に行くのも楽しみです。「次はどこに行こうか」と計画を立てるだけでも、ワクワクします。